楽天ドラフト2020年の指名選手一覧を1位から6位まで紹介

楽天ドラフト2020年の指名選手一覧を1位から6位まで紹介

東北楽天ゴールデンイーグルスが2020年にドラフト指名した選手を一覧でまとめてみたいと思います。今回はドラフト1位から6位までの選手のまとめ、概要をお伝えします。なお、各選手の詳細情報については、リンクから読むことができるので、ぜひ覗いてみてください。

2020年ドラフト会議で、楽天は合計6人の選手(支配下登録枠)を指名しました。

1位 早川隆久(早稲田大学・投手)

2位 高田孝一(法政大学・投手)

3位 藤井聖(ENEOS・投手)

4位 内間拓馬(亜細亜大学・投手)

5位 入江大樹(仙台育英高校・内野手)

6位 内星龍(履正社高校・投手)

内訳別に見てみるとこうなります。

投手:5人、野手:1人

社会人:1人、大学生:3人、高校生:2人

楽天のチームとしての課題はまさに投手力です。2020年シーズンでの楽天のチーム防御率は4.19でリーグ4位でしたが、対してチーム打率は.258と優勝したソフトバンクを上回りリーグ1位の成績でした。このことからも、楽天の補強ポイントは投手であることが分かります。

球団自体もこのウィークポイントをしっかり分析、認識できていたのでしょう。2020年ドラフトでは「即戦力投手の獲得」という明確な戦略が見て取れるような指名となりました。楽天ファンである私個人としては、ここ数年の中でも非常に評価の高いドラフトでの戦力補強になったと思っています。それでは1位選手から順位に紹介していきたいと思います。



 

楽天ドラフト1位指名/2020年:早川隆久(早稲田大学・投手)

ドラフト1位指名は、早稲田大学の早川隆久投手です。2020年ドラフトの超目玉選手の1人で、4球団が競合した末に、楽天が抽選で引き当てることができたのは幸運でした。正直、この選手を引き当てただけでも及第点を獲得したと言えるような、それだけの選手を獲得することができました。

貴重な左投手でありながら、最速155キロの速球が武器の即戦力投手になります。どの球団も喉から手が出るほど欲しかった投手ですから、本当に楽天にとっては幸運以外の何物でもありません。楽天の投手力がかなり補強されることとなりました。

恐らく楽天としては、1年目からの先発ローテーション入りを期待していると思います。早川隆久投手の年俸や契約金、これまでの経歴(高校時代、大学時代、甲子園は?)などに関する過去の詳細記事はこちら。

早川隆久の年俸、成績予想(2021年)と査定評価【楽天2020ドラフト1位】
早川隆久の年俸、成績予想(2021年)と査定評価【楽天2020ドラフト1位】 今回は、2020年ドラフト会議で4球団競合の末に楽天が交渉権を獲得した早稲田大学の早川隆久投手についての成績と年俸予想です。大学時代には左腕でありながら球速は最...



 

楽天ドラフト2位指名/2020年:高田孝一(法政大学・投手)

ドラフト2位は、法政大学の高田孝一投手です。こちらも早川隆久投手と同様に東京六大学野球で活躍した、即戦力候補の投手になります。高田孝一投手の最速も155キロと剛速球が持ち味の投手です。

早川隆久投手とは少しタイプが異なり、高田孝一投手はどちらかと言うとパワー系の剛腕でねじ伏せるタイプのピッチャーだと思います。ストレートで押すと共に、落ちる系のフォークやスライダー、カットボールなども投げることができるため、十分に即戦力として活躍してくれそうな期待があります。

ただ、少し心配なのは、まだ粗削りな部分も多々あるところで、特にコントロールの安定感が課題になるかもしれません。先発タイプというよりは、中継ぎや抑えとしての適性があるかもしれませんね。高田孝一投手の年俸、契約金やこれまでの経歴(高校時代、大学時代、甲子園出場有無など)に関する過去の詳細記事はこちら。

高田孝一の年俸と背番号は?2020年ドラフト楽天2位の活躍予想
高田孝一の年俸と背番号は?2020年ドラフト楽天2位の活躍予想 今回は2020年ドラフトで楽天から2位指名を受け、入団交渉の上で仮契約が成立した法政大学の高田孝一投手についてです。 高田孝一の契約金は7000万円、年俸は1100...



 

楽天ドラフト3位指名/2020年:藤井聖(ENEOS・投手)

ドラフト3位は、社会人野球のENEOSに所属している藤井聖投手です。3位指名ながら社会人NO.1左腕と評される即戦力候補のピッチャーです。左投手ですが最速は150キロ、伸びのあるストレートが武器です。

正直言って、2位指名で消えていてもおかしくない投手であり、3位で獲得できたのが本当にラッキーでした。個人的には即1軍で活躍できそうなピッチャーだと思います。田中将大投手が楽天に復帰したことで、先発ローテーション入りのハードルはグッと高くなってしまいましたが、中継ぎや左のワンポイントなど、左腕である強みを生かして開幕一軍が期待されている投手の一人ですね。

藤井聖投手の年俸、契約金やこれまでの経歴(高校時代、大学時代、甲子園出場有無など)に関する過去の詳細記事はこちら。

藤井聖の年俸、契約金は?2020ドラフト楽天3位の左腕の査定評価
藤井聖の年俸、契約金は?2020ドラフト楽天3位の左腕の査定評価 今回は2020年ドラフトで、楽天から3位指名を受けたENEOSの藤井聖投手についての情報です。即戦力として期待されている社会人NO.1左腕との呼び声高い藤井聖投手。 契約...



 

楽天ドラフト4位指名/2020年:内間拓馬(亜細亜大学・投手)

ドラフト4位は、亜細亜大学の内間拓馬投手です。最速150キロを投げる剛腕タイプのピッチャー。がっしりとした体形から投げ込まれるボールは重みがありそうであり、馬力も備えていそうな投手です。

まだまだ、粗削りな部分が多いため、即戦力とはいかないかもしれませんが、球速もMAX150キロと持っているポテンシャルは高いため、活躍が期待される投手の一人です。それにしても楽天のドラフト1~4位は全て150キロ以上を投げる大学生、社会人の投手というのはスゴイですね笑。

内間拓馬投手の年俸、契約金やこれまでの経歴(高校時代、大学時代、甲子園出場有無など)に関する過去の詳細記事はこちら。

内間拓馬投手の査定評価、年俸、契約金は?2020楽天ドラフト4位
内間拓馬投手の査定評価、年俸、契約金は?2020楽天ドラフト4位 今回は2020年ドラフトで楽天から4位指名を受けて、亜細亜大学から入団予定の内間拓馬についての情報です。2020年、亜細亜大学からプロには合計3人がドラフト指名されています...



 

楽天ドラフト5位指名/2020年:入江大樹(仙台育英高校・内野手)

ドラフト5位は、仙台育英高校の入江大樹選手です。ここにきてようやく野手、そして高校生の指名となりました。地元宮城県の高校からの指名となりました。身長185cmの大型野手で、長打力が魅力の選手です。

高校時代はショートとしてプレーしているため、守備力の高さにも期待がかかります。高卒ルーキーなので、入団後2~3年での成長を見越した指名かと思いますが、今後の成長が楽しみな選手の一人です。

入江大樹選手の年俸、契約金やこれまでの経歴(中学時代、高校時代、甲子園出場有無など)に関する過去の詳細記事はこちら。

入江大樹の査定評価、年俸、背番号は?楽天2020ドラフト5位
入江大樹の査定評価、年俸、背番号は?楽天2020ドラフト5位 今回は2020年ドラフトで東北楽天ゴールデンイーグルスから5位指名を受けた仙台育英の入江大樹内野手についてです。大型内野手として仙台育英で活躍し、長打力と守備力が評価されて楽天...



 

楽天ドラフト6位指名/2020年:内星龍(履正社高校・投手)

支配下登録選手、最後のドラフト6位指名は、内星龍投手です。大阪の履正社高校に所属していた選手で、最速は148キロではありますが、身長190cmの未完の大器。潜在能力とポテンシャルはまさに一級品で、今後の成長や体づくりによってはとんでもない投手に大化けする可能性があります。非常に将来が楽しみな投手です。

内星龍の年俸、契約金、背番号は?2020年ドラフト楽天6位の活躍
内星龍の年俸、契約金、背番号は?2020年ドラフト楽天6位の活躍 内星龍の契約金は2,500万円、年俸500万円(金額はいずれも推定)。背番号は69で入団交渉が合意。 今回は2020年ドラフトで楽天から6位指名を受けて入団予...

 

以上、今回は2020年における楽天がドラフト指名した全選手の概要をお届けしました。これまでご紹介してきた選手補強に加え、年明けには田中将大投手がメジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースから電撃復帰が決定しました。

2021年シーズンに再び楽天がリーグ優勝ならびに日本一を達成してくれるよう心から願っております。



コメント

タイトルとURLをコピーしました