風間球打(かざまきゅうた)読み方は?査定評価、ドラフト候補2021【ノースアジア大明桜高校】

ドラフト

風間球打(かざまきゅうた)読み方は?査定評価、ドラフト候補2021【ノースアジア大明桜高校】甲子園出場160キロへ!

今回は2021年のドラフト候補に名乗りを上げてきそうな高校生投手、ノースアジア大明桜高校の風間球打(かざまきゅうた)についてです。

2021年のドラフト候補の一人である風間球打(かざまきゅうた)が夏の甲子園に登場!初戦は北海道の帯広農業と対戦。球速こそ150キロに留まりましたが、9回を完投、7安打、2失点にまとめてチームを勝利に導きました。

夏の甲子園予選の秋田県大会の準々決勝、秋田高校戦で自己最速の157キロを記録しました。2年生の頃から150キロを超えるストレートを投げて注目されていた投手ですが、ここにきてドラフト候補の筆頭に躍り出てきた印象です。

また、名前も非常に特徴的で「風間球打」と書いて(かざまきゅうた)と読みます。もはや、野球をやるために名付けられたような名前であり、こうして野球選手として活躍しているからいいものの、本人が野球をやりたがらなかったり、運動神経が悪かったりしたらどうするんだろうと思ってしまうほどです笑。

でもこして、高校生にして157キロを投げて、プロ注目の選手になっているわけですから因果応報と言うか、ご両親のネーミングセンスは抜群でしたね。

野球っぽい名前として思い浮かぶのは、昨年現役を引退した元阪神タイガースの藤川球児投手に近い名前ですね。

風間球打(かざまきゅうた)の「球打」を逆にするよ「打球」となるように、風間球打(かざまきゅうた)自身はピッチングだけではなく、バッティングセンスもありチームの主軸を担うスラッガーであります。まさに運動神経抜群の素晴らしい選手ですね。



風間球打の読み方は?(かざまきゅうた)名前の由来は?父親が名付けた?兄弟もみんな野球にちなんだ名前?査定評価、ドラフト候補2021【ノースアジア大明桜高校】

 

風間球打(かざまきゅうた)の父親も高校球児だったようで、山梨県の塩谷商業のOBのようです。ちなみに、風間球打(かざまきゅうた)は4人兄弟の3男であり、その他の3人の兄弟にも野球にちなんだ「球」という字がついているようです。

長男 風間球道(きゅうどう)

次男 風間球星(きゅうせい)

三男 風間球打(きゅうた)

四男 風間球志良(きゅうしろう)

まさに絵にかいたような野球一家ですね。野球をやることを宿命づけられた家族であり、他のスポーツをやるなんてことは言語道断なんでしょうかね。まぁ「球」という以上、サッカーでも蹴球ということもできるわけですから、応用はききますね。

そんな心配は無用で、風間家の兄弟は皆野球をやって活躍しているようです。



風間球打の読み方は?(かざまきゅうた)の名前、投手の査定評価、ドラフト候補2021の球速の最速は?変化球の球種は?

風間球打の主な球種は、ストレート、スライダー、カーブ、フォークとなります。主にストレートとスラーダーの組み立てが中心となっており、時折カーブが加わるといった印象のピッチングスタイルです。球速については、アベレージで140キロ台後半、時々150キロ、力を入れている場面では150キロ後半にのぼります。

前述したように、風間球打(かざまきゅうた)投手の最速は、2021年7月19日時点では157キロを計測しています。県大会を勝ち上がり、甲子園出場まで結びつけば、今後ますます球速がアップしていくことが見込まれそうですね。ロッテで活躍している佐々木朗希投手や大リーグで活躍している大谷翔平選手のように、高校生にして160キロを計測する日は近いかもしれませんね。

 

【大谷翔平に関する記事はこちら】

大谷翔平の年俸は?打率、ホームランダービー独走、成績予想(2021年)
大谷翔平の年俸は?打率、ホームランダービー独走、成績予想(2021年) 今回はアメリカ・メジャーリーグで活躍しているエンゼルスの大谷翔平についてです。投手、野手の二刀流という話題性だけではなく、今シーズンは現時点でリーグ最多本塁打を独走し...

 

【佐々木朗希に関する記事はこちら】

速報・佐々木朗希がオープン戦の試合に初登板!最新情報と現在の状態
速報・佐々木朗希がオープン戦の試合に初登板!最新情報と現在の状態 今回は2019年ドラフト1位でロッテに入団した佐々木朗希(ろうき)投手についてです。3月12日のロッテ対中日のオープン戦で、あの怪物ルーキーがついにベールを脱ぎました。プロ...

 

それにしても、最近の高校生のピッチャーのレベルは格段に上がってきていますね。球速だけを見ても140キロを超えるピッチャーはざらにいますし、150キロを投げるピッチャーがいても全然驚かないくらい全国にはゴロゴロしています。むしろ160キロに到達するピッチャーが出てくるなど、10年前では考えられないくらいの進化を遂げていると思います。

昔なんかは、140キロ以上を投げればプロ注目、150キロを投げていればドラフト1位候補という時代でありましたが、今では150キロを投げていてもドラフトにかからない選手なんかも出ているほど、高校生のレベルが上がってきているように感じます。

風間球打(かざまきゅうた)のストレートに関しては、非常に威力がある印象です。特に手首のリストの強さ、ボールへの指のかかりの強さを感じるピッチングという印象を持ちました。

まだまだ、粗削りな部分が多く、例えばボールのリリースポイントがバラバラであったり、コントロールの安定度という観点でもまだまだ課題はあります。特にストレートが時折シュート回転して右バッターのインサイドに流れたり、アウトコースのボールが中に入る場面が多々見受けられますが、その分伸びしろもあるということであり、プロのスカウトの評価はうなぎ登りであることには間違いありません。

今は上半身主体となったピッチングフォームですが、もう少し下半身の力がボールに伝わるようになり、上半身・下半身の連動性が生まれてくると、さらに球速は伸びてくるでしょうし、コントロールの安定感も増すでしょう。間違いなく2021年ドラフトの1巡目指名で消える選手と言えます。



風間球打の読み方は?(かざまきゅうた)の名前、投手の査定評価に加え、ドラフト候補2021年の他の候補は?高校生ビック3は?

風間球打(かざまきゅうた)投手の他にも、高校生ピッチャーでプロ注目の選手は複数います。特にビック3と呼ばれる候補には選抜で活躍した投手たちを中心に下記の高校生が名を連ねています。

【森木大智・もりきだいち(高知高校)】

森木大智(もりきだいち)の身長、査定評価は?ドラフト候補(2021年)
森木大智(もりきだいち)の身長、査定評価は?ドラフト候補(2021年) 今回は2021年ドラフト候補筆頭、高知高校のエース森木大智(もりきだいち)投手についてです。森木大智(もりきだいち)投手の身長は184cm、球速はMAX154キロの速...

 

【小園健太・こぞのけんた(市立和歌山)の記事はこちら】

小園健太(こぞのけんた)投手ドラフト候補の査定評価(市立和歌山)
小園健太(こぞのけんた)投手ドラフト候補の査定評価(市立和歌山) 今回は2021年の選抜高校野球大会(センバツ甲子園)に出場して活躍した市立和歌山高校の小園健太(こぞのけんた)投手についてです。2021年のドラフトで間違いなく上位指名され...

 

【達孝太・たつこうた(天理高校)の記事はこちら】

達孝太(たつこうた)の査定評価、ドラフト候補は天理、身長193cm
達孝太(たつこうた)の査定評価、ドラフト候補は天理、身長193cm、夏の背番号は「11」?甲子園出場ならず 今回は、2021年ドラフト上位候補である天理高校のエース達孝太(たつこうた)投手についてです。選抜高校野球大会(センバツ甲子園...

 

【畔柳亨丞・くろやなぎきょうすけ(中京大中京)の記事はこちら】

畔柳亨丞(くろやなぎきょうすけ)投手ドラフト候補の査定評価
畔柳亨丞(くろやなぎきょうすけ)投手ドラフト候補の査定評価 今回は2021年の選抜高校野球大会(センバツ甲子園)で活躍し、2021年ドラフトでも上位候補と評価されている中京大中京高校の畔柳亨丞(くろやなぎきょうすけ)投手についてです。高校...

 

春のセンバツ甲子園で活躍した小園健太(市立和歌山)、達孝太(天理)、畔柳亨丞(中京大中京)が以前では高校ビック3と呼ばれたりもしていましたが、森木大智(高知高校)や、今回紹介している風間球打(かざまきゅうた)がここに割って入りそうな感じになってきましたね。2021年のドラフト候補の高校生は非常にハイレベルにあり、とても楽しみになってきましたね。

いずれにせよ、どの投手もまずは地区予選を勝ち上がり、甲子園出場をかけて命がけで頑張ってくると思います。自分がプロに行く云々よりも、まずはチームが甲子園に出場することを念頭におきながら、その過程でさらなる成長を遂げていくものだと思っています。そういった意味では、上記に挙げた5人の他にも、150キロ、160キロを超えるストレートを投げる投手が現れるかもしれませんね。



風間球打の読み方は?(かざまきゅうた)の名前、投手の経歴からの査定評価、小学時代、中学時代、ノースアジア大明桜高校時代の成績からドラフト候補への道筋

風間球打(かざまきゅうた)。2003年10月11日生まれ、17歳。山梨県出身。身長183cm、体重81kg。右投げ右打ち。投手。小学生から軟式野球を始め、中学ではリトルシアのチームに所属。高校は秋田県の明桜高校へ進学して1年生の春から公式戦にも出場。2年生の時から150キロを超えるストレートを投げて注目を集めていた選手。

180cmを越える身長と恵まれた体格から投げ下ろされるストレートの威力は素晴らしく、球速も世代最速の157キロを記録しました。投げ下ろすタイプの本格派右腕として注目を集めており、プロの世界に入ることでさらに球速アップが見込まれそうな逸材です。まだまだ粗削りな部分があるため、即戦力とはいかないまでも2~3年の時間をかけて育成する価値は十分にある投手だと思います。

またピッチングだけではなく、打撃の方もトップレベルであり、投手として指名されるのであれば、ぜひともセリーグ球団に指名してもらって打席に立つシーンも見てみたいものですね。

以上、今回はノースアジア大明桜高校で活躍し、プロ注目の高校生、風間球打(かざまきゅうた)投手についてでした。



コメント

タイトルとURLをコピーしました