プロ野球先発ローテーション2021年予想の投手陣(パリーグ編)

予想

プロ野球先発ローテーション2021年予想の投手陣(パリーグ編)のまとめ

今回は、2021年シーズン前に予想したパリーグの各球団の先発ローテーション予想のまとめをしたいと思います。パリーグと言えば実力派投手がずらりと並ぶ非常にハイレベルなリーグです。開幕前の先発ローテーション予想ですが、実際にシーズンが始まってみての初動と併せて記事一覧のまとめを見ていきたいと思います。

 

プロ野球先発ローテーション2021年予想(投手陣)【パリーグ・ソフトバンクホークス】

言わずと知れた常勝軍団ソフトバンクホークス。4年連続で日本一に輝く強豪チームですが、何と言っても豊富な投手陣がその強さの秘訣ではないでしょうか。

とは言え、2021年シーズンの出だしにおいて、エースである千賀滉大が試合中の負傷により戦線離脱。第2エースとも言うべき東浜巨も故障により1軍合流できていないという事態になっています。

それでも、石川柊太や和田毅、高橋礼、笠谷俊介、武田翔太などなど投手陣の層の厚さは計り知れません。ベテラン、中堅、若手のバランスも程よく、またちょっとでもヘマしようものなら先発ローテーションの座を狙う好投手が中継ぎや2軍を含めわんさかいるわけですから、強いはずです。今年も例え故障者などが出ようとも、球界一の総合力を誇るソフトバンクが大崩れする可能性はなさそうですね。

ソフトバンクホークス先発ローテーション予想(2021年)投手陣
ソフトバンクホークス先発ローテーション予想(2021年)投手陣 今回は昨年2020年に日本一に輝いた王者ソフトバンクホークスの2021年先発ローテーションについて見ていきたいと思います。ローテーション予想というよりは、もうほぼ確定に近い情...



 

プロ野球先発ローテーション2021年予想(投手陣)【パリーグ・千葉ロッテマリーンズ】

昨年2位と大躍進を遂げた千葉ロッテマリーンズですが、先発ローテーションの層が暑いかというと、そうでもないというのが私の正直な印象です。

二木康太、石川渉と言った安定感あるピッチャーはおりますし、楽天からFA移籍で加入してきた美馬学についても、非常に安定した成績を残しており、戦力的には間違いなくアップしました。しかし、そこまでずば抜けた、球界を代表するような投手かというとそうではないというのが正直なところです。

個人的に非常に着目しているのは、2020年ドラフト1位で入団した鈴木昭汰です。この投手は1年目から二桁勝利を上げられるほどの資質を持っていると思います。貴重な左腕であるとともに、しっかり三振を奪える力を備えています。新人王候補にも入ってくると予想しているので、ぜひ注目です。

千葉ロッテマリーンズの先発ローテーション予想(2021年)投手陣
千葉ロッテマリーンズの先発ローテーション予想(2021年)投手陣 今回は、千葉ロッテマリーンズの2021年の先発ローテーションについての記事となります。現在の千葉ロッテのおおよその先発ローテーション投手は下記のようになります。ベテラン、中...



 

プロ野球先発ローテーション2021年予想(投手陣)【パリーグ・西武ライオンズ】

山賊打線と呼ばれる強力打線を持っていながら、投手力が脆弱と言う指摘を受ける西武ライオンズですが、今年は2人のピッチャーが活躍、飛躍を遂げそうな雰囲気が出ております。1人目は開幕投手を務め、今やエース格となった高橋光成。

元々は速球・ストレートに力のある投手ではありましたが、今年に入ってからの試合を見ると非常に制球力が高いことが伺えます。昔からこんなにコントロール良かったかなと思うほど、外角、内角のコースにずばずば投げ込んでいく姿が印象的です。既に4試合に投げて3勝をあげております。どこまで勝ち星を重ねていけるか見物です。

2人目は、昨年まで中継ぎを務めていた平井克典です。2019年には中継ぎとして81試合に登板したほどの鉄腕投手です。今シーズンから直訴して先発投手へ転向し、既に4試合に登板して3勝をあげています。

このままのペースでいけば二桁勝利は十分射程圏内でしょうし、何より毎試合の登板ハイライトを見ていますが、大崩れしない、非常に安定感のあるピッチャーです。制球力が非常に高いのは、中継ぎで得た経験なのでしょうか。

中継ぎ投手は恐らく、ちょっとしたコントロールミスで試合中盤、終盤で一発を浴び、チームが敗戦になってしまう場面があるため、このような力が身につくのですかね。いずれにせよ、先発投手に苦しむ西武にとって追い風になるといいですね。

西武ライオンズの先発ローテーション予想(2021年)投手陣
西武ライオンズの先発ローテーション予想(2021年)投手陣 今回は2021年の西武ライオンズの先発ローテーション予想についてです。 山賊打線と呼ばれる強力打線を誇り、2018年、2019年と二連覇を果たしていた西武ですが、2020年...



 

プロ野球先発ローテーション2021年予想(投手陣)【パリーグ・東北楽天ゴールデンイーグルス】

田中将大が8年ぶりに日本球界に復帰したことで、楽天史上最高の先発ローテーションが完成しました。涌井秀章、岸孝之、則本昂大に加えて2020年ドラフト1位ルーキーの早川隆久も入団したため強力な5本柱が形成されております。

非常に安定感ある投手陣であり、二桁勝利を上げる投手がたくさん出てきそうな期待が持てます。ところが、開幕2戦目に先発予定であった田中将大がヒラメ筋の故障により、4月17日にようやく初登板。スタートが出遅れただけでなく、初戦を黒星でスタートすることとなり過剰な期待を持ち過ぎるのは禁物であることも気づけましたね。

楽天ファンとしても、マー君を神格化し過ぎているなと反省しております。シーズンは長いですから、故障者が出ることなく皆が持っている力をぜひ出し切ってほしいと思います。そうすれば、自ずと優勝が見えてくるでしょう。

楽天先発ローテーション2021年、涌井秀章、田中将大、早川隆久、岸孝之、則本昂大
楽天先発ローテーション2021年、涌井秀章、田中将大、早川隆久、岸孝之、則本昂大 今回は2021年東北楽天ゴールデンイーグルスの投手陣の先発ローテーションについてです。開幕スタート時には、田中将大投手の故障による一時離脱もありましたが、現...

 



 

プロ野球先発ローテーション2021年予想(投手陣)【パリーグ・日本ハムファイターズ】

日本ハムファイターズも先発投手陣が豊富とは言えないチーム状態でしょう。特に2020年オフにエースであった有原航平がメジャーリーグにポスティングシステムを使って移籍してしまったため、この穴を埋めていくことが求められます。

上沢直之、加藤貴之、河野竜生などが有原航平の代役となっていかなければならないのでしょうが、今のところパッとした結果を残せていないのが実状です。

また、2020年ドラフト1位ルーキーの伊藤大海にも期待していたところですが、圧倒的なピッチングでチームを牽引していくほどの実力は発揮できていないところです。シーズン序盤でチームも停滞気味であることが少し気になりますね。

日本ハムファイターズの先発ローテーション予想(2021年)投手陣
日本ハムファイターズの先発ローテーション予想(2021年)投手陣 今回は2021年の日本ハムファイターズの先発ローテーションについてです。 2021年シーズンが開幕して終盤を迎えました。先発ローテーションの投手は不調や故障なども含めて入...



 

プロ野球先発ローテーション2021年予想(投手陣)【パリーグ・オリックスバファローズ】

例年下位での争いを繰り広げているオリックスバファローズですが、投手力はパリーグの中でも非常に高いチームです。

エースの山本由伸や山岡泰輔、田嶋大樹など有力投手がずらりと並びます。そこに加えて、2021年ブレイクしそうな投手NO.1の宮城大弥も加わるわけですから、先発投手陣だけ見れば非常に強力なラインナップです。

あとは、攻撃陣がどれだけ先発投手陣を救えるか、そして中継ぎ、抑えの投手が持ちこたえられるかが上位浮上の鍵となるでしょう。

オリックスの先発ローテーション予想(2021年)投手
オリックスの先発ローテーション予想(2021年)投手 今回はオリックスバファローズの2021年の先発ローテーション投手についての記事です。11年ぶりに交流戦優勝を果たし、一時は首位浮上まで昇りつめてきた6月は絶好調のオリックス!前々から強...

 

以上、今回はパリーグの各球団の先発ローテーション予想(2021年)の一覧をまとめさせていただきました。ありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました