新庄剛志・新監督が就任する日本ハムの組閣、コーチ陣と成績予想(2022年)

予想

新庄剛志・新監督が就任する日本ハムの組閣、コーチ陣と成績予想(2022年)

今回は、2022年シーズンにおいて日本ハムファイターズの新監督への就任が報じられている新庄剛志についてです。

新庄剛志と言えば、今シーズン前に現役復帰を宣言してトライアウト、プロテストを受けたことでも一躍有名となりました。結果は残念ながら獲得する球団が現れず、現役復帰は叶いませんでしたが、ここに来て監督としての就任が濃厚と言われています。

【新庄剛志の現役復帰、プロテストに関する記事はこちら】

新庄剛志の獲得に動いた球団は?プロ復帰トライアウトへの挑戦!
新庄剛志の獲得に動いた球団は?プロ復帰トライアウトへの挑戦!プロ野球の最年長記録は? 今回は元阪神、日本ハムで活躍した新庄剛志についてです。プロ野球界への復帰を目指して、2020年12月7日に行われた合同トライアウトに挑戦したことで話題に...

既定路線でいけば、栗山英樹監督の後任は、東京オリンピック野球日本代表の監督を務め、見事に金メダルを獲得した稲葉篤紀監督では?と思われていましたが、ここにきて急遽ではありますが新庄剛志氏の名前が上がり始めています。

 

【稲葉篤紀、日本ハム監督就任に関する予想記事はこちら】

稲葉監督が日本ハム監督就任?栗山監督の退任で後継者は確定?
稲葉監督が日本ハム監督就任?栗山監督の退任で後継者は確定? シーズンも終わりに近づくと、今度は監督人事が話題になってきますね。 特に北海道日本ハムファイターズは、現監督の栗山英樹氏の退任濃厚であり、後継者が誰になるかが大きな注目となって...

これには私も驚きました。日本ハムも、まさか新庄剛志には監督打診はしないだろうと思っていましたが、そうでもなかったようですね。

もちろん、日本ハムでの現役選手の時からファンから絶大な人気があり、今もファイターズファンからの支持率は非常に高い人物でありますから、監督に就任することで球団の人気が急上昇する可能性が十分に考えられます。

また、2023年からは北海道の北広島市へ新球場移転も決まっている日本ハムファイターズでありますから、新球場元年での人気支持率を上げておきたいという思惑もあるのかもしれません。

とは言え、新庄剛志は現役引退後、指導者としての経験は一切ありませんし、どのようにチームをまとめ、現在のように低迷しているチームを再建していけるのか未知数な部分が多分にあります。

また、采配という部分でも、現役時代から破天荒ならびに奇策に出る新庄剛志で有名でしたから、誰もが予想しないとんでもない采配をしてしまうのではないかと心配してしまうところもあります。

まさに、吉と出るか凶と出るか、日本ハムファイターズの球団フロントも一か八かの賭けに出たのか?というのが、私の正直なところの第一印象でありました。



新庄剛志が新監督候補に急浮上!組閣、コーチ陣の予想と稲葉篤紀とは契約交渉が決裂でGM就任か?

前述したように、急遽として監督候補に新庄剛志の名前が挙がってきた背景としては、既定路線で監督就任が確実と目されていた稲葉篤紀氏と日本ハムファイターズ球団との間で契約交渉が決裂してしまったことが原因ではないかと噂されています。

詳細内容や事実までは分かりませんが、一説には日本ハムでは監督にコーチ陣を含めた首脳陣の人選権限はないようで、球団側が人事権を含めた権限を持っており、チーム編成上での行き違いなどがあったのではないかとも言われています。

その点、新庄剛志は全権を球団フロントに預けながらも監督としての就任を承諾したのではないかと言われています。お忍びで日本ハムの二軍の試合を視察していたという報道も一部では出始めてきています。

一方の稲葉篤紀については、日本ハムのGM(ゼネラルマネージャー)としての就任が噂されています。まだ正式発表ではありませんし、目くらまし的なダミー情報ということも考えられますが、実現されればまさに仰天人事ですね。

監督が新庄剛志、GM(ゼネラルマネージャー)が稲葉篤紀という豪華キャストで2022年シーズンを迎える可能性が高まってきたというわけです。ファンとしては楽しみでしょうがないですね。

仮に新庄剛志が監督になったとすると、どのようなメンバーが入閣してくるのか予想してみたいと思います。(補足としては、全権は球団フロントが持っていつつも、ある程度は新庄剛志の意向も組んでくれることを想定して予想してみたいと思います。)



 

新庄剛志新監督の組閣予想、入閣メンバーは?森本稀哲、坪井智哉は?

新庄剛志新監督が誕生したとして、どんなメンバーが組閣、入閣してくるのかを勝手に予想してみました。

※コーチ陣を含めた人選、組閣についても球団が全権を持っているという噂ですが、ここでは一旦置いておき、仮りで組閣メンバーを予想しています。

ヘッドコーチ:金子誠

投手コーチ:建山義紀、岡島秀樹

守備走塁コーチ:森本稀哲、坪井智哉、田中賢介

二軍監督:小笠原道大

歴代の日本ハムの名プレーヤーが名を連ねてくるのではないかと見ています。また、新庄剛志が指導者経験がないことを踏まえ、コーチ陣には指導者として経験豊富な人材が入閣してくるのではないでしょうか。

日本代表の侍ジャパンで監督を務めた稲葉篤紀がGM(ゼネラルマネージャー)である点も踏まえ、当時の稲葉監督を支えた日本ハム出身者である金子誠、建山義紀などは要職として入閣してくる可能性が高いかと思います。

また、現役時代に新庄剛志、稲葉篤紀と共に外野手の一角を担っていた森本稀哲もコーチとして復帰するのではないかと思っています。森本稀哲は新庄剛志の弟分であり、仲良しだと聞いています。かなり高い確率で入閣するのではないでしょうか。

また、坪井智哉も森本稀哲と同じように新庄剛志との親交が厚い人物でありますから、コーチ就任となる可能性は十分に考えられますね。

二軍監督については、実績も経験もある小笠原道大が就任するのではないでしょうか。中日ドラゴンズでも二軍監督を務めた経験を持っていますが、元は日本ハムファイターズ出身の選手であります。

本来であれば次期監督候補と言われてもおかしくない人物ではありますが、監督就任にはFA移籍でセリーグに行った時の球団との関係がどこまで修復されているのかがポイントとなりそうですね。とは言え、2020年からは日本ハムのヘッドコーチ兼打撃コーチに就任しているわけですから問題はなさそうだと思います。だとすると、二軍監督としての残留は十分にあり得る話だと思います。

以上が私の勝手な首脳陣就任の予想でした。



 

新庄剛志監督の主な経歴と出身、高校時代プロフィールと組閣、成績予想について

新庄剛志(しんじょうつよし)。1972年1月28日生まれ。長崎県出身、福岡県育ち。身長181cm、体重76kg。右投げ右打ち、外野手。小学生の頃から野球を始め、中学では軟式野球部に所属。高校は西日本短期大学付属高校へ進学。甲子園への出場は一度もなし。1989年ドラフト5位で阪神タイガースに入団。

高卒のドラフト5位で入団しながらも、ここまでのスーパースターに成長した新庄剛志はスゴイですね。当時の阪神タイガースは毎年Bクラスの弱小チームでありました。

野村克也監督が就任されてからテコ入れ、選手の育成が図られて土台がようやく築き上げられ、仕上げとして星野仙一監督が就任して闘魂が注入されてリーグ制覇を成し遂げるチームとなりました。

新庄剛志は、野村監督時代にチームの中心選手として活躍し、その破天荒なプレースタイルも野村監督は自由寛容なスタイルで、思うように新庄剛志にプレーさせていたことが思い出されます。

例えば、敬遠のボールを打ってサヨナラヒットにしてしまったことや、ピッチャーとして新庄が登板するなど数々の伝説が残されています。

このような奇想天外、破天荒なプレースタイルの新庄剛志ですから、監督に就任しても誰も創造できないような采配や奇策を駆使してくるのではないでしょうか。

吉と出るか凶と出るか、こればっかりはやってみないと分からないことですし、今年2021年シーズン最下位であった日本ハムファイターズにとっては、これ以上落ちる順位はありません。そういった意味では、失敗して当然くらいの気持ちで思い切った采配でチームを牽引していってもらえたらと思います。

ずばり、私の2022年の日本ハムファイターズの順位予想は3位です。新庄剛志新監督がAクラスまでチームを引っ張り上げていくのではないかと期待しています。

以上、今回は日本ハムファイターズの新監督就任が噂されている新庄剛志についてでした。



コメント

タイトルとURLをコピーしました