プロ野球タイトル2021年予想(パリーグ編・投手部門の個人成績)

予想

プロ野球タイトル2021年予想(パリーグ編・投手部門の個人成績)

今回はプロ野球2021年セリーグのパリーグ部門のタイトルホルダーを予想していきたいと思います。

パリーグには球界を代表する投手がゴロゴロいます。昨今は、パ高セ低と揶揄されるように、実力のパリーグと言われるほど、ここ数年の投手のレベルが高いことで有名です。150キロを投げるのは当たり前、その上で鋭い変化球を持っていたり、制球力が高いなどなど独自の強みを掛け合わせた投手がわんさかいるわけですから打者も大変だと思います。

投手部門のタイトルは全部で6つあります。最優秀防御率、勝率第一位、最多勝利、最多セーブ、最優秀中継ぎ、最多奪三振。それでは順番に予想を見ていきたいと思います。



 

プロ野球タイトル2021年予想【最優秀防御率:宮城大弥(オリックス)】(パリーグ編・投手部門の個人成績)

私の予想するパリーグの最優秀防御率は、オリックスバファローズの宮城大弥(みやぎひろや)投手です。2019年ドラフト1位の3年目のルーキーですが、私はやってくれると大胆予想したいと思います。そのくらい、安定感がある投球をするピッチャーですし、とても入団3年目の投手には見えないオーラというか風格をしています。

【宮城大弥(みやぎひろや)投手の詳細記事はこちら】

宮城大弥の年俸、査定評価、背番号は?オリックス2019ドラフト1位
宮城大弥の年俸、査定評価、背番号は?オリックス2019年ドラフト1位 今回は、オリックス期待の若手である宮城大弥(みやぎひろや)投手についてです。 2019年ドラフト1位で入団し、2年目のシーズンを迎える宮城大弥(みやぎひろや)投手...

下記に予想していく最多勝利や最高勝率となると、ピッチャー個人の問題だけではなく、攻撃陣などチーム状態にも左右されるタイトルとなるため、オリックスバファローズは少し不利かなと思いますが、最優秀防御率はほぼ投手の責任で判定されることから宮城大弥(みやぎひろや)投手の実力さえ出し切ってくれれば1点台の成績を残してタイトルを獲ることも可能なのではないかと思っています。

それに伴い、最優秀防御率のタイトルを獲れば必然的に新人王のタイトルも獲ることになるでしょうね。以上が私の予想です。



 

プロ野球タイトル2021年予想【勝率第一位:岸孝之(楽天)】(パリーグ編・投手部門の個人成績)

私の予想するパリーグの勝率第一位は、東北楽天ゴールデンイーグルスの岸孝之(きしたかゆき)投手です。36歳のベテランですが、未だに安定した投球術と変化球、制球力は衰え知らずです。

岸孝之(きしたかゆき)自身の実力もさることながら、今シーズンの楽天は先発投手陣が充実しているため、岸孝之(きしたかゆき)は各相手チームのエース級と投げ合う試合が極端に少なくなり、非常に勝ち星を上げやすいという利点があります。

さらに、前述したように岸孝之(きしたかゆき)はコントロールがいいため大崩れしない、敗戦投手になる確率も非常に少ないピッチャーです。現に、昨年2020年の岸孝之(きしたかゆき)の成績は、7勝0敗という圧倒的な成績でした。故障の出遅れにより登板試合数こそ少なかったものの、1年通して先発ローテーションを投げ切ることさえできれば間違いなくタイトルの獲得が濃厚な投手の一人です。

【関連記事はこちら】

楽天先発ローテーション2021年、涌井秀章、田中将大、早川隆久、岸孝之、則本昂大
楽天先発ローテーション2021年、涌井秀章、田中将大、早川隆久、岸孝之、則本昂大 今回は2021年東北楽天ゴールデンイーグルスの投手陣の先発ローテーションについてです。開幕スタート時には、田中将大投手の故障による一時離脱もありましたが、現...



 

プロ野球タイトル2021年予想【最多勝利:涌井秀章(楽天)】(パリーグ編・投手部門の個人成績)

私の予想するパリーグの最多勝利投手は、東北楽天ゴールデンイーグルスの涌井秀章(わくいひであき)投手です。またまた楽天投手の指名ということで、ひいき目に見ているという反論を受けてしまいそうですが、昨年も涌井秀章(わくいひであき)投手は最多勝利のタイトルを獲っていますので、あながちひいき目だけではないことをご理解いただければと思います。

今シーズンに入ってからの投球も安定しており、非常に安心して見ていられるピッチャーです。さらに、今年は楽天打線というかチーム自体の状態も良いため、多くの勝ち星、勝ち試合を積み上げられるのではないかという見立てであります。

また、昨シーズンに涌井秀章(わくいひであき)投手と共に同率で最多勝利タイトルを獲得したライバル・ソフトバンクホークスの千賀滉大(せんがこうだい)投手は全治2~3ヵ月の怪我により戦線離脱。

【関連記事はこちら】

千賀滉大は怪我からオリンピック追加招集?野球日本代表メンバー・侍ジャパンの先発投手陣は?
千賀滉大は怪我からオリンピック追加招集?野球日本代表の侍ジャパンのメンバー発表!先発投手陣は? 2021年7月1日に、オリンピック野球日本代表メンバー(侍ジャパン)にソフトバンクホークスの千賀滉大投手が追加招集されました。理由は、巨人の中...

同じくソフトバンクホークスの石川柊太(いしかわしゅうた)投手は開幕投手にまで大抜擢されていますが、昨年ほどの勢いは今のところ感じておりません。よって、涌井秀章(わくいひであき)投手が再びタイトルを獲る可能性は十二分に考えられると思います。



 

プロ野球タイトル2021年予想【最多セーブ:松井裕樹(楽天)】(パリーグ編・投手部門の個人成績)

私の予想するパリーグの最多セーブは、東北楽天ゴールデンイーグルスの松井裕樹(まついゆうき)投手です。三度楽天選手の選出ということで、逆鱗に触れそうですが十分に可能性があると思っての予想です。

昨シーズンは、先発への転向を経験し、思うような成績を残すことができずに終わった1年でありましたが、本来の特性で考えると松井裕樹(まついゆうき)の適職はクローザーだと思います。今シーズンは、田中将大投手の楽天復帰や、ドラフト1位ルーキーの早川隆久投手の加入など先発投手陣が充実したことを受けて、思い残すことなく松井裕樹は守護神のポジションに返り咲くことができました。

松井裕樹は2019年に最多セーブのタイトルを獲得しており、実績は十分です。今シーズンも既に7試合に登板して3セーブをあげております(ちなみに防御率は未だ0点です)。楽天のチーム状態も良好ですので、このままセーブポイントを積み重ねていくというのが私の予想です。



 

プロ野球タイトル2021年予想【最優秀中継ぎ:平良海馬(西武)】(パリーグ編・投手部門の個人成績)

私の予想するパリーグの最優秀中継ぎは、西武ライオンズの平良海馬(たいらかいま)投手です。昨シーズンのパリーグの新人王ですが、今年は最優秀中継ぎのタイトルを獲ると思います。

150キロを超える力強い速球で打者をねじ伏せる投球は圧巻です。今シーズンも既に5試合に登板して4ホールドをあげています。恐らく50~60試合近くの登板をするでしょうし、ホールドポイントも相応の積み重ねをしていくでしょう。今やタイトルホルダーの筆頭に挙げられるパリーグを代表する中継ぎ投手の一人です。

【平良海馬(たいらかいま)投手の詳細記事はこちら】

平良海馬の査定評価、年俸、背番号は?2020年パリーグ新人王
平良海馬の査定評価、年俸、背番号は?2020年パリーグ新人王 今回は昨年2020年シーズンのパリーグ新人王、西武ライオンズの中継ぎ投手である平良海馬(たいらかいま)投手についてです。 最速160キロを誇る本格派右腕で西武ライオンズの...



 

プロ野球タイトル2021年予想【最多奪三振:山本由伸(オリックス)】(パリーグ編・投手部門の個人成績)

私の予想するパリーグの最多奪三振は、オリックスバファローズの山本由伸(やまもとよしのぶ)投手です。山本由伸(やまもとよしのぶ)自身だけの実力で言えば、勝率一位や最多勝など他のタイトル予想1位に入れてもおかしくない投手なのですが、所属しているオリックスバファローズのチーム状態がそれほど思わしくないことから最多奪三振のみのタイトル予想とした次第です。

全く打たれないかというとそんなことはないのですが、ゾーンにはまった時の山本由伸(やまもとよしのぶ)は手が付けられません。150キロを超える速球とカーブ、カットボール、スプリット、ツーシームなどの変化球どれを取っても一級品で三振の山を築いていきます。

恐らく、今や菅野智之、千賀滉大と並ぶ球界を代表するピッチャーと言っても過言ではないと思いますし、メジャーリーグのスカウトからは非常に高い評価を受けて熱視線を向けられていることでしょう。早いうちにメジャーリーグの舞台で山本由伸(やまもとよしのぶ)投手を見ることになるかもしれませんね。

以上が私の勝手な2021年のパリーグ投手部門の個人タイトル予想でした。お付き合いいただきありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました