松川虎生(まつかわこう)の査定評価ドラフト候補2021年(市立和歌山)

ドラフト

松川虎生(まつかわこう)の査定評価ドラフト候補2021年(市立和歌山)

2021年もシーズン後半になりました。

この時期になると優勝争いの他にも、来季への戦力も注目ですよね。

特に来季の戦力という点で大事なのがドラフトです。

ドラフトは毎年ドラマが起きるので楽しみにしている人も多いでしょう。

そんなドラフトですが、今年の注目選手として挙げられるのが松川虎生選手です。

ここではそんな松川虎生選手について解説をしていきます。

 



松川虎生(まつかわこう)の査定評価ドラフト候補2021年(市立和歌山)

ドラフトの中でも高校生は将来性を買ってでの指名が多いです。

高校生選手は当たり外れが難しいですが、育てば超一流バッターに育つ可能性も高く、各球団どのように指名をするかが注目ですね。

そんな高校生の中でも注目選手なのが松川虎生選手です。

まずは松川虎生選手のプロフィールを紹介していきます。

名前:松川虎生(まつかわこう)

生年月日:2003年10月20日

出身:大阪府阪南市

身長/体重:178cm/98kg

投球/打席:右投/右打

ポジション:キャッチャー

所属:市立和歌山高校

松川虎生選手ですが大阪出身の選手です。

松川虎生選手は身長178cm、体重98kgというどっしりとした体型のキャッチャーであり、まさに昔ながらのキャッチャーという感じですね。

最近ではキャッチャーでも足が早い選手がトレンドになっていたりしますが、個人的には松川虎生選手のようなどっしり体型のキャッチャーが好みだったりします。

そして右投げ右打ちのパワーあふれるバッティングも魅力の一つです。

高校通算43本塁打のパワーあふれる打撃は右に左にと長打を飛ばすことができます。

やはりキャッチャーたるもの守備はもちろんですが、野手である以上打てないと厳しいです。

松川虎生選手は元ダイエー、阪神の城島氏のような右打ちで長打が打てるキャッチャーとしてポテンシャルが十分にあると思います。



松川虎生(まつかわこう)選手の査定評価、高校時代の経歴は?市立和歌山

松川虎生選手ですが野球は小学生の頃に始めました。

中学生の頃に所属していた貝塚ヤングというシニアでは、同じく市立和歌山でプロ注目の投手である小園投手と共に全国制覇を果たしています。

そして松川虎生選手ですが、高校は小園投手と共に市立和歌山高校に進学をしています。

和歌山県の公立高校ではありますが、部活動が盛んであり、プロ野球選手のOBも多く輩出しています。

現役選手で言えば、東京ヤクルトスワローズの川端慎吾選手や、千葉ロッテマリーンズの益田直也選手がOBになります。

市立和歌山では1年生から4番として活躍をし、持ち味である長打力をアピールしました。

守備面でも中学時代から女房役を務める小園投手とバッテリーを組み続け、市立和歌山の黄金バッテリーとしてチームを引っ張っています。

松川虎生選手にとっても小園選手の存在は大きく、プロ注目の二人の関係性はとても良いですね。



松川虎生(まつかわこう)選手の査定評価ドラフト候補2021年(市立和歌山)甲子園出場は?小園健太とのバッテリー

松川虎生選手ですが、気になるのは甲子園出場ですよね。

調べてみたところ松川虎生選手は同じくプロ注目の小園投手とのバッテリーで甲子園に出場をしています。

松川虎生選手ですが2021年の選抜甲子園に出場をしており、2回戦に進出をしています。

甲子園通算成績としては以下のようになっています。

2試合 打率.571 打点1 本塁打0

松川虎生選手ですが、2試合で7打席ながらも4安打を放っており、打率は脅威の.571となっています。

凡退よりヒットの方が多いというのは驚きですね。

やはりここからでも打撃で非凡なものが見られますね。



松川虎生(まつかわこう)の査定評価、打撃、守備、強肩?スラッガー捕手?ドラフト1位候補2021年

続いて松川虎生選手のポテンシャルについて詳しく解説をしていきます。

まずは打撃です。

打撃は上記の通り、ずっしりとした体格から放つスラッガータイプです。

高校通算43本塁打はもちろんのこと、長打が多いタイプですので、将来的にはクリーンナップも任せられる逸材だと思います。

しかしもちろん長打だけでなく柔らかいリストを生かした反対方向への打撃もうまく、プロでも対応できそうです。

守備では長年バッテリーを組んでいる小園投手の良さは引き出すリードが評価されています。

またキャプテンを務めているだけあって、投手への声かけや守備への指示なども的確であり、キャプテンシーがある選手ですね。

そしてキャッチャーとしての身体能力としてはやはり魅力なのが強肩です。

遠投は100mを超えるだけでなく、二塁早急のタイプは1.8秒台も記録することがあるほどの強権です。

二塁送球は2秒を切ればプロレベルですので、プロの中でも強肩に入りますね。

総じて松川虎生選手はキャッチャーとしてのレベルは非常に高く、近い将来プロを代表とするキャッチャーになる可能性は高いです。

松川虎生選手を評価している球団としては、北海道日本ハムファイターズや横浜DeNAベイスターズ、阪神タイガースが挙げられます。

ちなみにですが松川虎生選手ですが「虎生」という名前ですが、これはお父さんが阪神ファンであり、2003年阪神Vにあやかって名付けられたそうです。

もし松川虎生選手ですが阪神タイガースに入団となれば、お父さんにとってはこれほど嬉しいことはないでしょう。

理想を言えば同じ市立和歌山である小園選手と同じチームに入ってバッテリーを見たいところですが、どちらもドラフト上位指名候補ですので同じチームは難しいでしょう。

ただだからこそプロに入ってからの対決も楽しみですし、オールスターや日本代表で再度バッテリーなんてことがあったらファンからは熱いですよね。

松川虎生選手のプロでの活躍に期待ですね!



コメント

タイトルとURLをコピーしました